MEGA Sgがリリースされて1か月

海外Analogue社によるメガドライブ/GENESISの互換機「MEGA Sg」が発売されて約1か月たった。事前予約していたので発売日である2019年3月25日に受け取り、活用していたが、なんとなくでここの記事にしてなかったので書いておく。

赤枠内がMEGA Sg本体および付属品

MEGA SgはFPGAによりハードを再現しているのが特長である。これにより、2019年3月時点で販売されているソフトウェアエミュレータによる互換機よりも遅延の少ないのがメリット。ゲーム、音の再現度も高く、HDMI接続でいまどきのTV/モニタに繋げるなら、実機以外ならこれで決まりと言っていいレベルの出来。なお、メガCDソフトはメガCD実機に接続することで遊べるが、スーパー32Xには非対応。

付属のSMSコンバータを使用すれば、海外 SMS(SEGA Master System) 用ソフトを遊ぶこともできる。リージョンをEUにすれば50Hzのテンポになるし、ハードウェア設定から解像度・周波数を変更すれば、本当の50Hzにすることもできる。

付属のSMSコンバータ

国内用セガ・マークIII/マスターシステムおよびSG-1000/SC-3000用ソフトについては、 ギアコンバーターなりを使えばよい。 全機種用ソフトは、セガ・マークIII/マスターシステム実機だとカラーパレットの問題が起きるが、MEGA Sgでは対応されている(注1)。また、FMサウンド・ユニット対応ソフトの場合、MEGA Sgの設定によりFM音源でならすことも、PSGで鳴らすこともできる。


2019-07-01追記
注1.firmware Ver.4.5からデフォルト設定ではカラーパレットがセガ・マークIIIで全機種用ソフトを動かしたときのものに変わってしまった。ただ、以下オプション設定にて変更できる。この設定はSG/SC用ソフトを起動している状態でないとできないので注意する。

Settings > Video > Advanced mode > Extra features
Original TMS9918A Palette のチェックをオン


ゲームギアについては2019年4月23日現在の最新ファームウェア Ver.4.4ではまだ対応していない。将来的には対応予定とのこと。

とりあえず今月のサンダーフォースIIIサンダーフォースIVの定期プレイはMEGA Sgのお試しプレイを兼ねることとなった。動画サイトにも上げているので、気になる人は。

コントローラはメガドライブ/GENESIS 実機用のものがそのまま使える。純正ファイティングパッド6Bはもちろん、先日発売された8BitDo M30 2.4G WirelessGamePadも使える。ただし、firmware Ver.4.4の時点ではセガ・マークIII用のパドルコントローラは使えないため、ウッディポップは遊べないし、HORI メガコマンダーもロットによって使える・使えないがあると聞いている。

出力解像度は1080p60Hz(Default)、480p60Hz、720p60Hz、576p50Hz、720p50Hz、1080p50Hzと6種類あるが、720p60HzだとHDMI to HD-SDIコンバータ経由ではあるが、手持ちのCRTにも映った。

CRTへの接続

手持ちのHDMI to コンポーネント(D端子)コンバータはけっこうな遅延もちなので、それを使うくらいなら液晶で遊んだ方が快適だったりするのだが、このHDMI to HD-SDIコンバータだとCRTならではの軽快なレスポンスで遊べていい感じだったりする。

また、1990年代から未発売のまま長年埋もれていたGENESISソフト「Hardcore」が「Ultracore」と名を変え、MEGA Sgに内蔵されている。これを遊ぶにはfirmwareをVer.4.2以降に上げる必要があるので注意。

メガCDの拡張は、国内用だとメガCD2の方が相性がよい模様。メガCD1だとトラブル報告がやや多い印象。また、firmware Ver.4.4未満のときはゲームアーツのシルフィードでフリーズするという報告を多く見かけた。メガCDに関してはまだまだこれからなのかもしれない。自分自身はカートリッジオンリーで使うつもりなので、こちらは伝聞のみで。

MEGA SgはSettingメニューから色々設定変更できるのもまたよい。前記した解像度だけでなく、より細かな変更ができる。また、firmware Ver.4.4からはHotkeyの変更ができるようになったため、ソフトウェアリセットがしやすくなって、より使いやすくなった。今後もfirmwareの更新が楽しみである。Jailbreakされたfirmwareもあり、そちらではすでにゲームギア対応がされてたり、SDカードから吸い出したROMを読み込んだりできるようだが、自分は公式のfirmwareを使っていくつもり。

[関連サイト]

[外部記事]


2019-06-10 追記

公式firmware Ver.4.5がリリースされている。各種バグフィックスや機能追加がされているので上げた方がいいだろう。


2019-08-09 追記

公式firmware Ver.4.6がリリースされている。SMS版Bubble Bobble遊ぶ人は特に上げた方がいいだろう。

Pocket