カテゴリー
環境整備

Mega EverDrive PROについてのメモ

ウクライナのKriKzzによる新作Flash Cartである”Mega EverDrive PRO”についてのメモを残しておく。これは、いずれ本サイトの”メガドライブ/GENESIS/MEGA DRIVE用Flash Cartについて“に清書するまでの繋ぎの文書である。

とりあえず日本時間で2020年4月7日時点での本家のTweetから、そんなに遠くない日に出る予定であることがうかがい知れる。

このTweetにぶらさがった質疑応答からわかることをメモしておく。

  • 価格は199 USD(送料はたぶん別)
  • (MegaSDと同様に)メガCD/SEGA CD/MEGA CD実機なしでのCDソフトのプレイが可能
  • 上記仮想CDドライブ機能を使うには、メガCD/SEGA CD/MEGA CDのBIOSが必要
  • バーチャレーシングに対応
  • 32X用ソフトも32X実機を使うことで対応
  • ステートセーブのスロットは100
  • CDソフトのステートセーブについては少なくとも初期リリース時のOSでは考えていない
  • SMS/GGソフトのステートセーブについて計画はあるが、技術的に可能かどうかを確認できていない

ワンダーメガ、CDX、MULTI-MEGAなどのCDドライブ一体機で仮想CDドライブ機能が使えるかだが、CDXでとりあえず問題なく動作はしたが、同条件であまりテストしていないので保証項目としては挙げないとのこと。これについては本体にダメージがいくのではとTerraonionから突っ込みが入っているので、現時点ではなんともいえない。

サポートするCDイメージのフォーマットなどまだ不明点はあるが、MegaSDとはまた別の活用の仕方ができそうで発売が待ち遠しい。

カテゴリー
環境整備

GENESIS NOMADでのLCDDRVとRGBDRV比較

家電のHRDさん( @zan2zanjp )にお声がけいただいて、GENESIS NOMADにRGBDRVを組み込んでもらったので、せっかくなのでLCDDRVのときに取った写真とで比較してみる。NOMADの改造サービスについての詳細は本サイトの方を参照して欲しい

Twitterに上げた写真より数は少ないが、こちらはPNGで上げているので画質の劣化はない。同じゲームをLCDDRV、RGBDRVの順にペアにして写真を張っていく。


まずはダイナマイトヘッディ。

LCDDRV NOMADでダイナマイトヘッディ
RGBDRV NOMADでダイナマイトヘッディ

次はモンスターワールドIV。LCDDRVのときは日光が映り込んでいるのであまりいい比較ではないが一応参考にってことで。

LCDDRV NOMADでモンスターワールドIV
RGBDRV NOMADでモンスターワールド4

次はスーパーファンタジーゾーン。

LCDDRV NOMADでスーパーファンタジーゾーン
RGBDRV NOMADでスーパーファンタジーゾーン

次はサンダーフォースIV。

LCDDRV NOMADでサンダーフォースIV
RGBDRV NOMADでサンダーフォースIV

家電のケンちゃんの改造は、LCDDRV/RGBDRVおよびTFT液晶の換装だけでなく、本来マスターシステム対応していないNOMADでセガ・マークIII/マスターシステム用ソフトを遊べるようにする追加配線もしてくれるので、そちらでの比較も。ついでにGGLCDとも比較している。

LCDDRV NOMADでSEGA Master System版Rastan
RGBDRV NOMADでSEGA Master System版Rastan

もともとLCDDRVでも十分に綺麗だったのだが、RGBDRVにてさらに鮮明になった。また、RGBDRVでは下記のようにレバースイッチにより画面幅や表示位置、輝度などの画面設定を調整・保存できるようになっているのも嬉しい。

余談だが、ケンちゃんのサービスはNOMADでのMegaSD対応もセットでしてくれるのもよい。

カテゴリー
環境整備

Analogue DACの備忘録

MEGA Sgなどを出しているAnalogue社から”Analogue DAC“なるDigital Analog Converterが発売されたので備忘しておく。

まず、この製品で何ができるかだが、大きくわけて以下の二つである。

  • MEGA SgおよびAnalogue社の他のハードをブラウン管モニタに接続する
  • MEGA Sgでスーパー32X(GENESIS 32X/MEGA DRIVE 32X)を使用する

標準でついてくるのは下記写真のとおり。付属のUSBケーブルはMEGA Sgへの電源供給用で、これによりMEGA SgとDACとで1つのACアダプタで済むようになる。

Analogue DAC標準品一式

上記のように標準付属品の中に32X用のケーブルは含まれていないので、別途用意する必要がある。こちらはRetro Accessにて購入できるし、配線は公開されているので他の手立てでもよいだろう。

実際にブラウン管モニタに繋いだ様子は以下の通り。下記モニタはSD/HD両対応なのだが、DACからは15kHz固定で出力されている模様。

DACを繋ぐとMEGA SgのSettingsの項目が少し変わって、出力設定やリージョン周りが弱くなるので注意する必要がある。

具体的にはDAC使うとHardware > Auto Region Detectionがデフォルトオンなのだが、そのままだと本体GENESIS扱いされてしまうので、自分的にはオフがいいかなと。DACなしのときにできたデフォルトリージョン設定が見つからないし。

あと、SG-1000/SC-3000時代のゲームを遊ぶ場合、Original TMS9918A Paletteの設定もし直す必要があった。

MEGA SG + Analogue DACでの全機種用ソフト

あと、Power Strike IIを50Hzのテンポで遊ぶのできなくなってるような。と、HDMIモニタ/TVに接続しているときと比べて出来ないことがちょこちょこあるけど、やっぱりCRTでの快適さはよい。REGZAやI・O DATAの液晶モニタがいくら低遅延で液晶としてはゲーム向きだといっても差ははっきりと感じる。

すでに記事にしているように、今月のサンダーフォースIII(JP, Mania)の定期プレイはノーミスクリアできているようにプレイ感は非常に良い。

なお、参考までにMEGA Sgをブラウン管モニタに繋ぐ方法はAnaloge DACを使うだけではなく、色々な方法があることは付記しておく。MEGA Sgを常時こう接続しているわけではないが、HDMI to HD-SDIコンバータを使ってのCRT接続も快適に遊べることは確認している。

MEGA Sg → HDMI to HD-SDIコンバータ → ブラウン管モニタの場合

そして、HDMI to HD-SDIコンバータではブラウン管接続できていたメガドラミニをAnalogue DAC経由で接続してみたが、残念ながら映らなかった。試していないが、他の非Analogueハードも同様だと推測される。


2020-03-10追記

Retro AccessからAnalogue DAC to 32Xケーブルが届いたので付記する。

接続は以下のように、DACからの映像と音声を合成した上で32XのIn端子に接続し、スーパー32XのOut端子からアナログRGB 21ピンケーブルなりを使う接続する。いまどきのHDMIなモニタ・テレビに接続したい場合は本サイトを参照すればよい。

MEGA Sg + Analogue DAC + スーパー32X

なお、手持ちの32Xソフトのうち、行方不明の GEN32X版 Virtua Fighterを除いてすべて試してみたが、 SPIDER-MAN WEB OF FIRE以外はすべて問題なく動作した。といっても序盤面を遊んだだけなので、そこは留意して欲しい。クリア直前に不具合が起きたとか言われても困るので、あとは自分自身で試してみてくれってことで。

なお、上記は実カセットで動作させた場合の話である。全部を試したわけではないが、MegaSDからだと32Xソフトの起動は不安定だった。また、MegaSDのメガCD/SEGA CDソフトが起動できなくなるので、32X CD版Night TrapをMEGA Sgで遊ぶことは残念ながらできなかった。

Mega EverDriveからの32Xソフトは安定して動いた。

カテゴリー
ゲーム雑感(家ゲー(セガハード)) 環境整備

MegaSDの備忘録

すでに本サイトに記事にしているが、スペインTerraonion社によるメガCD/SEGA CD/MEGA CD(欧州)のハードウェアエミュレーション機能つきのFlash Cart 「MegaSD」が届いて2週間経ったのでこちらにも記事にしておく。

外観はこんな感じ。バーチャレーシングのカートリッジとほぼ同じサイズ・形状である。

MEGA Sg + MegaSD

ちょっと見づらいかもしれないが、実際上記だけでメガCDのソフトが遊べるのは、なかなか感動的である。

(メガドライブ or MEGA Sg) + MegaSDだけでメガCDソフトが遊べるの図
カテゴリー
環境整備

Nintendo Switchでファイティングパッド6Bを使う方法

Nintendo Switchは任天堂の伝統に則って純正のコントローラ周りはイケていないわけで(※個人的な感想)、Nintendo Switch ProコントローラーだとSEGA AGESのサンダーフォースIVとか遊びにくく感じて解消できないかと思っていたら「8BitDo Mod Kit for Original MD Controller」なるものがあったので購入してみた。

商品自体はこんな感じ。セガ純正のメガドライブ用パッド「ファイティングパッド6B」の中身を入れ替えるための基板なのである。

ファイティングパッド6Bを開けて、純正基板を取り出して入れ替えるだけでOK。あとはNintendo Switchのコントローラ設定画面でペアリングすれば使える。

ペアリングはNintendo Switchのコントローラ設定画面を出している状態で以下の操作。
1.Start +Y長押し
2.Modeボタン長押し(3秒)

あと、Homeボタンは「↓ + Mode」。

注意するところは、無線でしか使えないところと、本体のUSB端子で充電しながら遊ぼうとするとNintendo Switch側がハングして再起動が必要になることがあること。これは充電は別からするなり、プレイ後に充電するなりの運用でカバーすればよい。

取り出したオリジナル基板+ケーブルの方はコントローラ乗っ取りに使えばいいかと。

あと、購入は公式ショップだけでなく、eBayAliExpressでもできる模様。

基板を入れ替えただけでパッド、ゴムは使い慣れたファイティングパッド6Bなので本当に快適になった。セガ系のハードを遊んできた人でNintendo Switch持っている人にはお勧めできる。

カテゴリー
環境整備

プレイステーション4でΣ9000TBを使用する

今日はシグマ電子が出しているコントロールBOX「AV7000」用のジョイスティック「Σ9000TB」をプレイステーション4(以下プレステ4)で使用するため、いわゆる「乗っ取り」作業をしていた。

乗っ取り先のコントローラーは、「GUILTY GEAR Xrd -SIGN- Limited Box」付属の6ボタンパッド「Fighter’s Pad GGXrd Custom」。

カテゴリー
環境整備

麗しのNRS-1

自分的にはNRS-1XSYNC-1FRAMEMEISTERは基板キャプチャ三種の神器だと思っている。特にNRS-1はCSync Cleaner機能を内蔵しているので、それにより同期を整えられるというだけでなく、連射基板として非常に優れているのがいい。ゲーム仕様上は2ボタンのゲームで、1ボタン:ショット, 2ボタン:ボム, 3ボタン:連射ショットとかも簡単に設定できるのもいい。

カテゴリー
プレイログ(家ゲー・セガ) 環境整備

レトロフリーク用ギアコンバーターを各種メガドライブ実機で軽く試してみた

サイバーガジェット社の互換機「レトロフリーク」用の周辺機器として「レトロフリーク用ギアコンバーター」が発売されたので、さっそく秋葉原で買ってきたので、手持ちの各種メガドライブ実機で簡単に試してみた。

20160831_gear_converter_1

レトロフリークを持っていない私がなぜこれを買うかというと、メガドライブ1以外でも使用可能なメガアダプタとして使えるからである。つまり、メガドライブ2はもちろん、MULTI-MEGAやCDXなどの実機で日本仕様のセガ・マークIIIソフトが遊べるのである。海外版SMSソフトをMEGA DRIVE2/GENESIS2以降の本体で遊ぶためのコンバーターはMASTER SYSTEM CONVERTER IIという海外での公式周辺機器があったし、その互換品はサードパーティにより数種類発売されていて現在も入手が容易なのだが、日本仕様のコンバーターで基板むき出しでないものは比較的貴重なのだ(※)。
※ コンバータを自作すればいいと言っても、製品化されていた方が楽だろう

カテゴリー
環境整備

ブラウン管モニタの棚卸 2016-08-21

今日現在持っているブラウン管モニタは以下の3つである。そしてこの中の1つを放出しようかと検討しているところだったりする。

1.業務用SDブラウン管モニタ (予備)
 入力端子:アナログRGB/コンポーネントなど, 水平同期:15kHz

2.業務用HDブラウン管モニタ (ふだん使い)
 入力端子:アナログRGB/コンポーネントなど, 水平同期:15kHz~45kHz

3.業務用HDブラウン管モニタ (昨日届いた)
 2番と同じモデル

カテゴリー
環境整備

XRGB-mini FRAMEMEISTER ファームウェア Ver.2.03a(β)

先日最新β Ver.2.03がリリースされたばかりXRGB-mini FRAMEMEISTERのファームウェアだが、マイナーバージョン違いのVer.2.03aがリリースされたので、早速導入してみた。

更新内容は以下。詳細は公式を見て欲しい。

  • PC-8801mkII SR以降のアナログRGB信号に暫定対応しました。

更新内容的にVer.2.03無印のままでよかったのだが、回帰テストの意味で導入してみた。

折りたたんだ先はマスターシステム、海外SMS、メガドライブ、サターンで軽くテストした際のスクリーンショット。