セガフェス 2018

この週末は秋葉原でセガフェスという、セガグループのイベントがあり、今日(4月14日)は初日ということで大いに賑わっていた。

まずは前日(4月13日)夜の様子から。巨大セガロゴがイカス。そして後ろのBIG UFOキャッチャーが気になった。

そして当日。メインの看板はソニックを活かしてかっちょいい感じ。

ベルサール2Fの展示室入口には30周年アニバーサリーのロゴと一緒にメガドライブ本体、周辺機器がずらりと。

20周年アニバーサリーのドリームキャストも同様に。

入口角のパーティションがメガドライブ仕様。かっこいい!

ARスタンプを集めたのでメイン会場に戻ってインフォメーションセンターを探していたら、美人さんがシャイニングなコスプレしてたのでパシャリ。

巨大メガドライブコントローラ。これでゲームプレイ大会をするあたりがセガらしくてよいと思った。

ぷよぷよわたあめ。お祭り価格だけど、けっこう人気あった。

小さくてわかりにくいかもしれないが、セガのゲーム史が写真付きで紹介されていた。

デイトナUSAやバーチャファイター2が筐体で設定され、遊べるようになっていた。対戦が盛り上がっていた。

こちらはセガフェスのオープニングで発表されたNintendo Switch版のサンダーフォースIVのプレイアブル。開発はM2で、サターン版TFIVにもあったTFIIIの自機「STYX」で遊べるモードはNintendo Switch版にもついていた。

せっかくなので遊んでみた。サターン版だとウエイトがつかなくて難易度ががらりと変わっていたRUINを試してみたかったが、どれを選んでもAIR-RAIDとDASERの2面が自動で選ばれるようだった。

Nintendo Switchの移植ものはここまで遅延が多いと聞いていたので一抹の不安があったのだが、現時点では大丈夫そうな感じだった。もちろん、初めて触るコントローラに、初めて触るNintendo Switch版STYXモードでの感想なのであまりあてにしないで欲しい。

4月16日(月)からサービスが始まるコトダマンのシールを頼まれていたので、集めてみたり、物販でTシャツやグッズを買ったりで満足して撤退。

セガフェスの後に、セガ奥成さんが紹介していた16bit modelsに行ってみた。いつも秋葉原Heyにはいくけど、裏のコトブキヤには一度も入ったことがないのでアウェー感があったけど、5Fにたどり着いたらセガフェスのオリジナルショッパーを肩にかけている人がずらりと居て安心感。

いろいろあったけど、特に素晴らしかったのがサンダーフォースVのガーディアンのモデル。素晴らしすぎる……。

ファンタジーゾーンのボランダも、観覧車が回るのがおしゃれ。

メガドライブミニも発表されたし、Nintendo SwitchでSEGAAGESが始まるし、サクラ大戦の新作が出るし、シェンムーI・IIがプレステ4で出るしでセガ成分たっぷりな一日だった。

——————————————–
4月15日追記

2日目は前日発表されたNitendo SwitchでのSEGA AGESのステージを見にいった。セガ奥成さん、下田さん、M2ほりいさんの熱い語りに期待が膨らんだ。ファンタシースターは当時のスタッフであるフェニックスりえこと小玉理恵子さんが直接手掛けるとのことで、わくわく感が高い。

Pocket