ジャレコカフェにいってきた

昨日(12月9日)は秋葉原プリンセスカフェで開催されているジャレコカフェに行ってきた。これは、最近よく一緒に遊んでいる方々とBEEP→駿河屋→フレンズ→MAKジャパンと回ったあとで、ジャレコファンの若者からジャレコカフェを覗いてみたいとリクエストがあったから、せっかくなので。

場所は秋葉原中央通り沿いのドン・キホーテの近くのビルの3F。初めて入るビルで3人ともわからずGoogle Mapを使って探した。入口にこのパネルがあって、間違っていないことを確信した。

プレイステーション4/Steam版での新キャラ、クラリスのでっかいパネルが案内してくれて店の中に。店内はジャレコのゲームミュージックが流れていたが、バルトリックとか分かる人どのくらいいるのかは謎だなともZzz…。

グッズ類のポスター。ミニ缶バッジはガチャで、ビッグ缶バッジは不透明な袋に入って売られており、こちらも実質ガチャ。ぶたさんが欲しいけど、しんどいかもと。

マフラータオルやCDの販売している場所に、サターン版の原画類も展示されていた。

90年代当時のポスター。びしょうじょじゃんし(口が回らない)。

カフェのメニュー。ドリンク or フード一品につき一枚コースターがつくシステム。

ドリンクが先に来たので、ビッグ缶バッジガチャの結果と一緒に撮影。運よくぶたさんは出てくれた。

幻のファミコン版ソルダム。若者が上手かった。

フードは3種類そろえる意味でみんな別々のものを頼んだ。……が、けっこう待った。私の頼んだぶたさんメニューはけっこうボリュームがあったし、それなりに美味しかった。ぶたさんを食べちゃっていいのかとちょっとだけ考えたが、カーズは考えるのをやめた。

頼んだものが届くのを待っている間に、ソルダムを遊んだり、写真撮影不許可の古いチラシ類や開発資料などを見ていた。ぶたさんのインストの印刷色指定資料とか、バルトリックの開発資料とか、モモコ120%の開発時のドット(製品版とはちょっと違う)とかとか、すごく貴重なものが見られて、これだけでもきた甲斐があったと思った。

あと、プレイステーション4版のゲーム天国も遊べた。基本サターン版だが、HDMIで遊ぶことを考えると新しい機種の方が遊びやすいんじゃと思った。

そんなわけで、若者に連れられて入ったジャレコカフェだが、なんだかんだでみんな楽しめて、行って良かったと思った。なお、秋葉原だけでなく、浪花でも開催されている模様。

Pocket