アジア版メガドライブミニとGenesis Miniが届いた

9月19日に日本版と同日に発売されたアジア版メガドライブミニが9月21日、北米版SEGA Genesis Miniが9月24日に届いた。

アジア版は製品名や説明が日本語なので、日本版メガドラミニを見間違えやすいが、「ASIA EDITION」の記載があったり、左下のマークが違ったりの差異がある。

アジア版メガドライブミニ パッケージ

裏面はゲームタイトル。エイリアンソルジャーが入っているのが自分的には目玉である。

アジア版メガドライブミニ パッケージ裏側

とりあえず日本版に入っていない、ぷよぷよ(1)やモンスターワールドIIIなどを軽くテストプレイ。

アジア版メガドライブミニでのモンスターワールドIII

例のダライアスも緩くプレイ。三日月撃ちの練習によい。

アジア版メガドラミニでのダライアス

肝心のエイリアンソルジャーは下手になりすぎていて自分にがっかりしたが、それを克服するためのアジア版メガドラミニなので、下手な自分とじっくり向き合うしかないと思っている。

そしてぷち送料を奮発してた甲斐あって早めに届いたGenesis Miniも。

SEGA Genesis Mini

Genesis MiniにはEarthworm JimやVectormanなどのイカス洋ゲーアクションが入っているので、この機会にステートセーブ使ってでもエンディングを拝みたいと思っている。まぁ昨日はこれらもVirtua Fighter2もあまり進めなかったわけだがZzz…。

あとトレジャーのライトクルセイダーをサウンドテストの裏技使った状態でステートセーブできるのは地味に嬉しい。

Genesis Miniでのライトクルセイダーサウンドテスト

Genesis Miniでもダライアスをゆるく遊んだ。

Genesis Miniでもダライアス

実機では苦手だった3ボタンパッドの操作感が存外に良くて驚いた。ただメガドラミニだとHomeボタンの役割であるModeボタンがないのが痛い。ここはあらかじめ用意しておいたRetro-bitのセガ公認6Bパッドで回避するつもり。

Retro-bitセガ公認 Genesis Mini用6Bパッド(上の黒パッドは実機用6Bパッド)

[関連文書]

Pocket