Oculus Rift + Touch到着。そしてRez Infinite

7月にセールになった勢いで注文していたOculus Rift + Touchのセットがようやく届いた。

中身はこんな感じ。それぞればら売りされていた時には同梱されていたXbox Oneコントローラーは別売り。

セットアップはまぁそれなりに戸惑った。Touchのためにセンサーを置き、適正な間隔があるかなどをソフトに判定してもらうのだが、案外シビアで都内住みで部屋にゲームとかゲームとかゲームとかが置いている人にはなかなか厳しめに感じた。

Rift + TouchセットについてきたソフトやFreeのGoogle EarthなどでRift + Touchのお試しをした後、8月10日にリリースされたばかりのPC版Rez InfiniteをとりあえずTouchコントローラーで試してみたが、DC版で遊んでたクチなのでゲームコントローラーで遊びたくなり、Xbox Oneコントローラーを買いに秋葉原にいった。

USBケーブル付きのタイプのXbox Oneコントローラーを買ってRez InfiniteのArea Xを遊んでみた。

VRゆえにスクリーンショットとかは撮っていないし(撮れることは撮れるのだが設定はしてない)、魅力を伝えにくいのだが、ただただ最高だったとだけ書いておく。DreamcastでRezというゲームに触れていたことを、こんなに良かったって思った日はない。

もう少しゲームも遊んでみたかったが、MMDがVRHMDでどう見えるのかが気になって、以前から用意しておいたMikuMikuVRを試してみた。公開しているMMDやそれを元にローカルでバージョンアップさせているものをいくつか見てみたが、今までのカメラは削除して、固定にした方が見やすかった。

ただ、Ray-mmdを含むエフェクト類はオフになるようで、そこは残念だった。まぁGTX 1080でもかなり重くなるので、エフェクトオンにできたとしてもオフにするのが妥当な気がする。そして間近でみるダンスはかなりの迫力だが、人間の身長よりかなり高く見えるのが難点かなと思った。今日調べてみたら、ずっと公開が停止されていたMocuMocuDanceが再公開されていたので、こちらも試してみるつもり。

なんにしても面白いものを手に入れたので有効活用したい。

Pocket