カテゴリー
環境整備

HDRVでのRetroTINK-5X ProのLPF設定影響調査

YouTubeに上げている動画でプレステ2のHD Retrovisionのコンポーネントケーブルで、LPF設定をOffにしたときの画質について質問をされたので、検証した結果をメモとして残しておく。

結論から言うと、「RetroTINK-5X Pro Firmware Ver.1.74時点ではLPF:Off だとHD Retrovisonのコンポーネントケーブルでも縦縞は出るからLightが基本。ただし480pのときは出ないからOffでもOK」となる。


以下は試した結果を書いておく。

ソフトはファンタジーゾーンコンプリートコレクション内のSYSTEM16版ファンタジーゾーンIIで、RetroTINK-5X Pro Firmware Ver.1.74、Generic 4:3、Frame Lock設定が共通事項。以下の画像はクリックすると拡大される。

まずは480i LPF:Offから。けっこうな縦縞が出ていることがわかる。

480i LPF:Off

480i LPF:Light だと縦縞は目立たなくなる。

480i LPF:Light

480i LPF:Medium

480i LPF:Medium

480i LPF:Strong

480i LPF:Strong

そして480pではLPF:Off でも縦縞感はない。

480p LPF:Off

240p では LPF:Offだと縦縞が目立つ。

240p LPF:Off

なお、リリース月(2021年5月)に上げた動画では、プレステ2版エスプガルーダをHD RetrovisionのコンポーネントケーブルでLPF:Offで上げているが、このときのソース(AVI)は残っているのでスクリーンショットを張っておくが、目立つ縦縞はない。

Fw.Ver.1.01時点での480i LPF:Off

念のためFw.1.74での同場面のスクリーンショットも貼っておく。Ver.1.01のときとVer.1.74のときとでキャプチャユニットは異なるので、そこも揃えて調べた方がいい……とは思ったが手間なので省略したい。

Fw.Ver.1.74時点での480i LPF:Off

なお、Fw.Ver.1.74時点でのLPF:Lightだとこんな感じ。

Fw.Ver.1.74時点での480i LPF:Light

現時点ではHDRVを使っていても480i/240pのときはLPFはOffにしない方がよいという結論で。


2021-09-12追記

RetroTINK-5X Pro firmware Ver.1.77でも簡単に試した画像を張っておく。なお、Fw.Ver.1.74までは “SDTV LPF” 表記だったのが、Ver.1.77からは “Video LPF” 表記に変わっているが意味合いは同じ。

まずは480i LPF:Offから。けっこうな縦縞が出ていることがわかる。

Fw.Ver.1.77時点での480i LPF:Off

480i LPF:Light だと縦縞は目立たなくなるが、よく見るとまだ残っている。

Fw.Ver.1.77時点での480i LPF:Light

そして480pではLPF:Off でも縦縞感はない。なお、Fw.Ver.1.77から480p以上のときは EDTV Off/EDTV Lightの表記に変わっている。

Fw.Ver.1.77時点での480i LPF:EDTV Off

[関連記事]

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。