カテゴリー
ゲーム雑感(家ゲー(非セガハード)) ゲーム雑感(アーケード) プレイログ(アーケード)

ケイブシューにチャレンジし始めて3年ちょっと経過した時点での状況

ちょうど2年前(2016年2月)に「ケイブシューにチャレンジし始めて1年ちょっと経過した時点での状況」なんて記事を上げていたので、3年ちょっと時点での現況を書いておく。

まずは、おさらいで、3年ちょっと前の時点ではゲーセンでケイブシューを一つもクリアしてなかった自分がチャレンジしはじめた理由を簡単にまとめる。

  1. 秋葉原Heyだとケイブシューは人気があったので単純に興味があった
  2. ダライアスIIとか案外ゲーセンでシューティングをクリアできたし、難易度が選べるゲームでのOriginalモードや、1周目なら難易度的に昔のゲームより高いとはいえないという説を確かめたかった
  3. 家庭用の初心者モードは少なくとも誰でも遊べる難易度だと聞いていた
  4. ゲーセンで実際に遊んでいる人がいるうちならプレイを参考にできると思った
  5. 上記などから遊んでみたいと思っていたがシューコレ完がプレミア化していていて半年躊躇していたら、定価で見つかったので勢い買ってしまった

という感じで、別に大した理由があったわけでもない。ゲームを遊ぶ理由なんてこんなものだろう。そして、当時チャレンジするならすぐにしないと、年齢を重ねるごとに初期ハードルはどんどん高くなることが予想されたので、やるなら今と思ったというのもある。

で、簡単そうなものというか、システムがシンプルなものから順にチャレンジしていって約3年経っての戦歴は以下。2年前も書いたけど、ヌルゲーマーなりの戦果であり、チャレンジしてほんとよかったと思っている。そして、この2年の間に体調的に挑戦し続けられる時間はそんなに残っていないのではと感じるようになってきたりもするのだが、「あの時チャレンジしていれば」などと思い残すことがないよう遊んでいきたいと思っている。

ちなみに2014年11月にXbox360本体とケイブ シューコレ完を買って、ケツイと大往生も買ったけど、けっきょくアーケード版のクリア前に練習した回数ってどれも10回以下で、ほとんどがゲーセン(というかHey)でのプレイだったりする。でも、その360での練習がやっぱりクリアのポイントになっていたりするし、簡単に揃えられるだけの練習環境を用意してあるというのが、自分をいい意味で追い込んでくれるものがあるというか、そんな感じで役立ったのは間違いないだろう。

[ゲーセンでのノーコンティニュークリア]

  1. 虫姫さま ケイブ祭りver.1.5 (ORIGINAL、Normalランク(ノーミス))
  2. 虫姫さま ケイブ祭りver.1.5 (MANIAC、Normalランク、Every設定)
  3. 虫姫さま (ORIGINAL、Normalランク)
  4. デススマイルズ (Every設定、峡谷なし、全キャラ)
  5. デススマイルズ メガブラックレーベル (峡谷なし、全キャラ)
  6. 虫姫さまふたり ブラックレーベル (ORIGINAL、Normalランク、パルム&レコ(ノーミス))
  7. 虫姫さまふたり Ver.1.5 (ORIGINAL、Normalランク、アブノーマルパルム(ノーミス)&ノーマルパルム&ノーマルレコ)
  8. デススマイルズII (ウィンディア)
  9. 虫姫さまふたり ブラックレーベル Another Ver. (ORIGINAl、Normalランク、パルム&レコ(ノーミス))
  10. 虫姫さま ケイブ祭りver.1.5 (MANIAC、Normalランク、Maxモード、Every設定)
  11. エスプガルーダ (アゲハ)
  12. 虫姫さま ケイブ祭りver.1.5 (ORIGINAL、Normalランク、Maxモード)
  13. 怒首領蜂大復活 (1周All、青、ストロングスタイル)
  14. 虫姫さまふたり ブラックレーベル Another Ver. (MANIAC、Normalランク、レコ)
  15. 弾銃フィーバロン (プレイステーション版、Heyでのフィールドテスト時)
  16. ケツイ (1周)

[ゲーセンでラスボスまでいっている]

  1. 虫姫さま (MANIAC、Normalランク)

[ゲーセンで1周目最終面までいっている]

  1. 首領蜂 (青)

直近だと1年近くメインターゲットにしていたケツイを先日とうとう1周クリアした。

通算プレイは家庭用も含めて100回前後で、過去アーケードでこんなにクリアに手間がかかったのは初めて。でも、一度も投げる気がしなかったのも初めて。20回も遊ばずに自分には難しすぎると投げ続けてきたゲーム人生だっただけに満足度が高い。というか、Xbox360版をはじめて遊んだ時に、Easy5機設定でもコンティニュー使い果たしてもクリアできなく、「僕はこのゲームの4面ボスをノーコンティニューで倒せる日がくるのだろうか」とすら思ったことを思い出すと、継続は力なりというのをしみじみと感じる。

次のターゲットはこの辺ねらいだけど、手ごわそう。でもケツイのときのように粘ってみるつもり。

  1. エスプガルーダII: 通算プレイ15回前後、全6面中5面までは到達しているが、3面で終わることが多い
  2. 怒首領蜂大往生: 白黒合わせて通算プレイ10回弱、全5面中4面まで。まだ自機が決まっていない
  3. 怒首領蜂最大往生: 家庭用30回弱、アケ10回弱、アケでは全5面中4面頭まで。家庭用のせいで悪い癖が残っている

全部クリアしたら真っ白に燃え尽きることができるのか、それとも次のターゲットを探すのか、どういう心もちになるんだろうと想像するも、まだ手ごわすぎて具体性がなく。

Pocket